アカデミー

ビットコインとは?|COTONOCA Academy

要約: ビットコインは仲介者不在のオンライン決済を実現するために発明された、世界初の仮想通貨です。ビットコインの登場によって、何千万人ものグローバルなコミュニティと、まったく新しい業界が誕生しました。ビットコインの思想と技術的基盤は、今もなお影響を及ぼし続けています。

ビットコイン(BTC)は世界初の仮想通貨です。サトシ・ナカモトと呼ばれる偽名の個人、または数名のグループによって発明され、2008年10月31日にホワイトペーパー(製品やサービスの機能解説や市場分析などをまとめた文書)が公開された後、2009年1月3日にローンチ(サービス開始)されました。

ビットコイン誕生のアイデアは、ナカモト氏が発行したホワイトペーパーから読み解くことができます。

“The root problem with conventional currencies is all the trust that’s required to make it work. The central bank must be trusted not to debase the currency, but the history of fiat currencies is full of breaches of that trust.”

(従来の通貨の根本的な問題は、それを機能させるために必要なすべての信頼です。 中央銀行は通貨の価値を下げないように信頼されなければなりませんが、法定通貨の歴史はその信頼の裏切りに満ちています)

ビットコインは、「金融機関を経由することなく、ある当事者から別の当事者へと直接オンライン決済する」という発明当初の目的を、Proof of Work(PoW)というコンセンサス・アルゴリズムによって達成した仮想通貨です。そこには、仲介者のいない決済システムが確かに存在します。

グローバルなコミュニティを生み出したことも、ビットコインの功績のひとつです。ビットコインの登場によって、世界各国に何百、何千万人もの愛好家を抱える、まったく新しい業界が誕生しました。そうして出現したすべての仮想通貨が、ビットコインという思想と、技術的基盤のうえに成り立っているのです。

その先駆的な性質によって、ローンチから10年以上が経過した現在でも、ビットコインは市場の頂点に君臨し続けています。性能的な優位性を明らかに失ったのにも関わらず最大の市場を築いているのは、ビットコインの解決した問題の普遍性と、市場に展開される各種プラットフォームに及ぼした影響の大きさを物語っています。

ビットコインの最小単位は「Satoshi」、「0.00000001 BTC」が「1 Satoshi」です。