アカデミー

ブロックチェーンとは?|COTONOCA Academy

要約: ブロックチェーンは多数のネットワーク参加者間で、同じ取引データを分散保有するしくみ。取引の承認を行う権利を複数端末に分散させることで、取引データの改ざんを防ぎます。チェーン上に保存された記録は1人のユーザや、1つの端末から変更するのが難しい構造になっています。

ブロックチェーンは多数のネットワーク参加者間で、同じデータを分散保有するしくみです。

分散台帳技術(DLT: Distributed Ledger Technology)の一種で、管理者不在で、価値交換の仕組みを安全に実現できます。仮想通貨や、その他デジタル資産の台頭とともに、過去10年間で急速に普及した技術です。

ブロックチェーンはその名のとおり、ネットワーク上に存在する、情報ブロックの連なりです。生成された新しいブロックは、既存のチェーンに時系列にどんどん追加されていきます。新規ブロックの作成・配信・検証、いわゆるマイニングには、ネットワーク上のすべての端末が参加できます。

ブロックチェーンでは公開鍵暗号方式を用いて取引データを暗号化して、取引の安全性を保っています。

取引データの改ざんを非現実的なものにする、そのための策として、Proof of Workではネットワーク参加者に取引の承認をする際に敢えて膨大な計算処理を求めます。Proof of Stakeの場合は、複雑な計算がない代わりにトークンの保有量をユーザ間で分散させることによってセキュリティを保っています。

チェーン上に保存された記録を、誰かひとりのユーザや、どこかひとつの端末から変更するのが難しい構造になっているのです。

ブロックチェーンは、発行上限を設けた希少なデジタルマネーの基盤を形成、維持するのに役立ちます。これは、デジタルのメリットである「データの複製が容易に行える」という一般的な解釈とは真逆です。希少価値の高いデジタル資産を生み出すブロックチェーンの不変性は、金融の用途に適していると言えます。

ブロックチェーンのコンセンサス(合意形成)アルゴリズムの例: Proof of Work(PoW)、Proof of Stake(PoS)、Proof of Consensus(PoC)、Delegated Proof of Stake(DPoS)、など