アカデミー

ウォレットの種類|COTONOCA Academy

要約: ウォレットは主に4種類。モバイルウォレット:スマホ用、デスクトップウォレット:PC用、ウェブウォレット:オンライン用、ハードウェアウォレット:オフライン用

ウォレットにはさまざまな種類があります。モバイルウォレット、デスクトップウォレット、ウェブウォレット、ハードウェアウォレットの4種類に主に分類されます。

モバイルウォレット

モバイルウォレットはスマホ用、デスクトップウォレットは、デスクトップコンピュータやラップトップ用のウォレットです。それぞれ、複数のOSに対応している場合が多く、デスクトップ版だとWindows、Mac、Linuxなどにインストールできます。ウォレットを一度インストールすれば、オフラインでも利用できます。

ウェブウォレット

ウェブウォレットは、インターネットを通じてのみアクセスできるウォレットです。ダウンロード不要で、プロバイダがすべてを管理するため、簡単に利用できるというメリットがあります。ただし、インターネットに常に接続されているデメリットがあるため、使用するアプリ選びには細心の注意が必要です。

カストディアン型(仮想通貨や鍵の保管を、金融機関にお任せするタイプ)のウェブウォレットでは、ユーザは鍵を保管する会社を信頼してサービスを利用することになります。これは一見便利に思えますが、会社の評判を事前に調べたり、同意する規約の内容確認に注意を払って、不利益を被らないよう気をつけなくてはなりません。一般的には、秘密鍵は自分自身で管理するものです。

ハードウェアウォレット

ハードウェアウォレットは、秘密鍵を保管することができるUSBメモリー型のデバイスです。持ち運びができ、オフラインでも使用できる、仮想通貨を送受信したり保管したりするための最も安全な媒体です。

ハードウェアウォレットのデザインによっては、液晶ディスプレイを見ながらボタンで操作できます。使用する際は、コンピュータへの物理的な接続が必要です。

ペーパーウォレット

暗号通貨を保管する最も簡単な方法は、ペーパーウォレットを使用するものです。

これは、秘密鍵を物理的に紙に書き留めるか、印刷する方法です。QRコードやキーフレーズを生成できる、無料のオンラインサービスもあります。

アドレスや鍵を生成・保存する際は、サービスやプロバイダの最小限の利用が望ましいです。