過去記事

【週刊決済】2021/11/1(月)〜11/7(日)のISO20022エコシステムニュース

フェネック

猫とPlayしながらEarnもしたいフェネックだよ。先週の仮想通貨ニュースまとめ!

アライさん

Play to Earnかはわからないけど、猫の保護活動エコシステムのガバナンスをあとがきまでに考えてみるアライさんなのだ。ISO関連銘柄別に先週の出来事を振り返るのだ!

考えてくれるの?

考えてみるのだ!

ニュース記事 – 30件

11/1(月) – 2件

$ETH

[Decryot] イーサリアムが分散型ステーブルコイン「DAI」の主要な担保となる (Ethereum Is Now the Primary Collateral for Decentralized Stablecoin DAI)

DAIの裏づけ資産の41.4%がETHなのだ。CircleのUSDCの34.5%と、PaxosのUSDPの6.4%とを合わせたのとちょうど同じくらいの、かなりの割合を占めてるのだ。

$USDC

[Crowdfund Insider] 大統領の金融市場に関するワーキンググループがステーブルコインのレポートを発表 (President’s Working Group on Financial Markets Publishes Stablecoin Report)

11/2(火) – 4件

$AVAX

[The Block] Avalancheが2億2千万ドルの新たな投資ファンドBlizzardを設立 (Avalanche launches fresh $220 million investment fund)

$DOT

[BeInCrypto] 史上最高値を更新したPolkadotが一時XRPの時価総額超え、Parachainオークション近づく (Polkadot Flips XRP After New All-Time High, Parachain Auctions Near)

Polkadotのパラチェーンに接続するチェーンを決める投票: パラチェーンオークションが前回の6月から5ヶ月ぶり、11/11から開催されるのだ。参加者は最長96週間(約2年間)DOTをロックするかわりに、投票先のパラチェーン接続が決まったら報酬をもらえるのだ。Polkadotの公式ウォレットpolkadot{.js}Binanceから参加できるから、気になる人はチェックなのだ!

$USDC

[BeInCrypto] バイデン政権、ステーブルコイン規制に関する報告書を発表 (Biden Administration Releases Report on Stable Coin Regulation)

[Decrypt] コインベース、機械学習のスタートアップ企業Agaraを4000万ドル超で買収 (Coinbase Acquires Machine Learning Startup Agara for Over $40M)

11/3(水) – 10件

$ADA

[AMBCrypto] 3air、アフリカの巨大なインターネットアクセス問題をCardano基盤のISPプラットフォームで解決 (3air solves Africa’s massive internet access problem with Cardano-based ISP platform)

$ETH

[Decrypt] CME、ETHが最高値を更新する中、Ethereumマイクロ先物を開始すると発表 (CME Says It’s Launching Ethereum Micro Futures as ETH Soars to New Highs)

[Crowdfund Insider] Bitcoin、Ethereum、USDCの支払いサポートをOLBグループがMastercardによる暗号通貨処理で実現 (Bitcoin, Ethereum, USDC Payments Support Enabled by OLB Group via Mastercard Cryptocurrency Processing)

$QNT

[Fintech News] スイスの会計ツール「Bexio」がSIXのオープン・ファイナンス・プラットフォームに参加 (Swiss Accounting Tool Bexio Joins SIX’s Open Finance Platform)

$WTK

[PYMNTS] Mastercardは政府の発行するデジタル通貨を機能させる (Mastercard Will Make Digital Currencies Work if Issued by Governments)

[PYMNTS] Mastercardに視覚障害者向けカードが登場 (Mastercard Debuts Card for Visually Impaired)

大発明なのだ! 本体に入った切れ込みの形状でカード種類を判別できるのだ!

$XDC

[Ledger Insights] JPモルガンとオリバー・ワイマン、CBDCがクロスボーダー決済コストを1,000億ドル削減すると予測 (JP Morgan, Oliver Wyman predict CBDC to save $100 billion cross border payment costs)

[PYMNTS] 中国初の国境を越えたeインボイスシステムで、地域ビジネスをグローバルサプライチェーンに統合 (China’s First Cross-Border eInvoicing System Integrates Local Business Into Global Supply Chain)

[Ledger Insights] デジタル人民元の試験運用が1億4,000万人に急増、人口の10%を占める (Digital yuan pilot surges to 140 million, 10% of population)

[Global Trade Review] Tradeshift、中国向けクロスボーダー電子請求書ソリューションを発表 (Tradeshift launches cross-border e-invoicing solution for China)

中国人民銀行ではCordaを使ってるContourで貿易デジタル化を検討中なのだ!

11/4(木) – 4件

$KLAY

[forkast] 韓国のKakao、Com2uSなどがメタバースに向けて競う (South Korea’s Kakao, Com2uS, others race toward the metaverse)

インターネットサービス会社Kakaoの子会社で、韓国のCBDCを作っているGroundXは、2021年5月からKrafter SpaceっていうNFT発行サービスを開始したのだ。EthereumフォークのKlaytnブロックチェーン基盤で、ガス代無料なのだ。

ガス代無料は魅力的だねぇ。OpenSeaとクロスチェーン対応していてNFTを移動できるから、万が一GroundXの活動が止まってもNFTの価値を守れる構造になっていてすごいよ。Ethereumフォークの仮想通貨は、こういうところもNFTで有利にはたらくねぇ。

$USDC

[Decrypt] Coinbase、手数料ゼロのサブスクリプションサービスを開始に向けたテストを実施中 (Coinbase Confirms It’s Launching a Subscription Service With Zero Fees)

$XDC

[Ledger Insights] 中国の6つの国有銀行がM-CBDCブリッジのSWIFT交換に参加 (China’s 6 state owned banks part of M-CBDC Bridge SWIFT replacement)

22の民間機関の参加が明らかにされたのだ。詳細は、中国のすべての国営銀行6行と、香港とアラブ首長国連邦のいくつかの銀行のほかに、香港とタイのプロジェクトInthanon-LionRockに参加した6行: ロンドンのHSBCとスタンダードチャータード銀行、ニューヨークのゴールドマンサックス、パリのソシエテジェネラル、バーゼルのUBS、シンガポールのDBSなのだ。

$XLM

[Crowdfund Insider] ブロックチェーンベースのクロスボーダー決済プラットフォーム「Stellar」にAMM(自動マーケットメーカー)機能が登場 (Automated Market Maker Functionality Is Now Live on Stellar, a Blockchain based Platform for Cross-Border Payments)

11/5(金) – 5件

$HBAR

[forkast] ハッシュポート、ネットワークを超えたデジタル資産の転送を開始 (hashport launches to power cross-network digital asset transfers)

$LINK

[Crowdfund Insider] ブロックチェーン・オラクル・プロバイダーのChainlink、750億ドルのTVSマーク通過を祝う (Chainlink, a Blockchain Oracle Provider, Celebrates Passing $75B TVS Mark)

$QNT

[PYMNTS] 今日の世界の決済事情: ポーランドのAllegro社が10億ドルを投じてチェコの小売企業Mall Group社を買収、ECB理事はデジタルユーロに期待 (Today in Payments Around the World: Poland’s Allegro to Pay $1B for Czech Retailer Mall Group; ECB Board Member Optimistic About Digital Euro)

$XDC

[forkast] アジア・中東のmCBDC bridgeが国際決済のビジネスユースケースを構築 (Asia-Middle East multiple CBDC bridge builds out business use cases for international payments)

[Ledger Insights] ゴールドマン、デジタル資産のトークン化にDAMLを採用 (Goldman adopts DAML for digital asset tokenization efforts)

mCBDCプロジェクトに参加しているゴールドマンサックスがDAML言語でデジタル資産のトークン化にのりだしたのだ。DAMLはプロトコルを跨いだ相互運用可能なアプリを開発できる言語で、エンタープライズブロックチェーンやデータベースなどによく使われてるのだ。

11/6(土) – 5件

$DOT

[The Block] スロットオークション・デリバティブ創設への道 (The Path to Creation of Slot Auction Derivatives)

$ETH

[Decrypt] Bitcoin、Ethereumの採掘はパリ気候協定を脅かす: スウェーデンの金融規制当局 (Bitcoin, Ethereum Mining Threatens Paris Climate Agreement: Swedish Financial Regulator)

$QNT

[The Block] スイスの主要なデジタル資産プロジェクトがついにまとまる (Switzerland’s marquee digital assets projects are finally coming together)

SIX(Swiss Infrastructure and Exchange)から、SDX(SIX Digital Exchange)の稼働が11月10日だと公表されたのだ。公式サイトのここのページで”Slides for the Virtual Market Participant Briefing on Wednesday 10. November”ってファイルを参照なのだ。この資料には、SDXがCorda基盤で構築されていることも記載されてるのだ。

$USDC

[AMBCrypto] Coinbase、ユーザーが最大100万ドルの借り入れが可能に (BITCOINCoinbase to allow users to borrow up to $1 million)

$XDC

[AMBCrypto] 中国、e-CNYウォレットが10%増加、デジタル人民元を利用したマネーロンダリング事件が初めて発生 (China sees 10% rise in e-CNY wallets, first case of money laundering using digital yuan)

11/7(日) – 0件

ニュースが無いから市場の様子を見てみるのだ。ここ一月でUniswapとSushiSwapの取引高がだいぶ戻ってるのだ。今週はUniswap V2だけでOpenSeaの3倍ETHがBurnされたのだ。

分析に使ったツールはこの記事でご紹介したDune Analyticsultra soundだよ。

あとがき

PoSの保護活動トークン発行→保護者さんにエアドロップ→KYC済みの保護者さんが猫(現物)&無料発行した猫NFTを里親さんに譲渡→里親さんがトークン&猫NFTをデリゲート、なのだ!

考えてくれていたねぇ! デリゲートにNFTを使うのがUnizenっぽい。

保護者さんと里親さんが正当な報酬を得られるしくみにしたかったのだ。こんななのだ。

  1. エアドロップ受取条件: KYC完了および簡単なソーシャルタスク消化。 ※保護匹数はドロップ量に影響しない
  2. KYCは本人(および本猫)確認、紛争解決、1住所1ウォレットの制限などに利用する。
  3. KYC完了後のみできること: 猫NFTの無料発行、猫とセットでNFTを譲渡、バリデート実行。
  4. 猫NFT: 発行者、猫の健康状態、馴染み度(保護猫/他所猫/家猫)、をパラメータに持たせる。 ※Burn不可能
  5. トークンと一緒に猫NFTをロックすると追加のステーキング報酬を獲得可能: 追加報酬は猫NFTの「発行者」が第三者且つ「馴染み度」が他所猫のときのみ発生する。「猫の健康状態」はAPYの増加要因となる。
  6. 猫NFTのパラメータ「馴染み度」はロック期間に応じて「保護猫」(トライアル期間)→「他所猫」(報酬期間)→「家猫」(無報酬期間)と自動で変化する。NFTが第三者に譲渡されない限り、ステータスは逆戻りしない。
  7. 「猫の健康状態」がNFTのパラメータに反映されるのは、第三者に譲渡されるタイミングのみ。
  8. 譲渡の成立件数が多いほど、バリデータはより多くの自己資本を掛けることができる。
  9. 第三者発行の猫NFT保有数が増えるほど、獲得できるステーキング追加報酬は減少する。

文字が多い! 報酬目当ての多頭飼いが出たりしないか心配だよ〜。

保護匹数とエアドロップ量を無関係にして、猫(現物)と一緒に譲渡される「第三者発行」の証明書(NFT)が無いと追加報酬を獲得できなくすれば、保護者の悪質な多頭飼いは避けられそうなのだ。里親は、猫NFTをBurn不可能(消せない履歴)にして第三者発行のNFT保有数が増えるほど報酬を下げることで、多頭飼いのメリットを減らして捨て猫が増えるのを防ぐのだ。

病気持ちの猫や大人猫がもらわれない問題や、虐待は防げるの?

病気持ちの猫や大人猫は医療費がかかりがちなのもあるから、医療機関の健康診断結果をもとにAPYを上げるのだ。後天性の疾患は、APYと関係無くして虐待を防ぐのだ。

猫がいないのにNFTが発行されて譲渡・バリデートされたり、猫が死んじゃったときにその子のNFTで報酬を貰い続ける人が出てこないかも不安だよ。

KYCのCに「Cat」も含まれれば、存在しない猫のNFT発行を防げそうなのだ。猫NFTは委任直後に「保護猫」(トライアル期間)、その後のロック期間を経て「他所猫」(報酬期間)→「家猫」(無報酬期間)と自動変換されるのだ。家猫NFTは、他所に譲渡されない限りバリデートに使えないから、猫(現物)がいなければNFTも譲渡できなくて不当に報酬は得られないのだ。

NFTが猫といっしょに馴染んでいくのが面白いねぇ。

難しかったのだ〜。税制が厳しいしトークンを本当に発行するわけじゃないけど、アイデアやご指摘をTwitterでフェネックに教えてくれると、アライさんは捗るのだ!

ご意見じゃなくても、質問や感想でも嬉しいよ。アライさーんどうもありがとう。

こういう仕組みを考えるのが好きなのだ。それじゃあまた来週なのだ!

みんなは、猫のことを現物って呼んじゃだめだよ。